優光泉 飲み方 量 ml

優光泉の飲み方について量(ml)やタイミングを詳しくご紹介

 

「優光泉の飲み方について公式サイトを見ただけではイマイチよくわからない」と思いませんか?

 

実際、優光泉の公式サイトでは2本1,100mlで27.5食分ということになっていますが、公式サイトの飲み方どうりに優光泉を1食分として60ml飲むと18.3食分でなくなってしまいます。
1,100ml÷60ml=18.3食分

 

優光泉 飲み方 量 ml

 

 

なぜなら、本来プチ断食では1食分は、優光泉を40ml飲むのが基本的な飲み方だからです。
1,100ml÷40ml=27.5食分

 

 

今回は・・・

 

27.5食分になるプチ断食の飲み方

 

カロリー制限ダイエットをやる場合の飲み方

 

1日断食をする場合の飲み方

 

・・・という内容でご紹介してまいります。

 

 

これを読めば優光泉の正しい飲み方がわかりやすく理解出来て、正しいやり方でファスティング(断食)やダイエットが出来るようになります。

 

 

 

 

まずは、「27.5食分になるプチ断食の飲み方」をご紹介いたします。

 

27.5食分になるプチ断食の飲み方

プチ断食の飲み方をご紹介いたします。

 

朝食を抜くプチ断食

 

朝食1食分を抜く代わりに優光泉(40mlもしくは60ml)を飲むダイエット法です。
※初めのうちは昼食前にお腹が空いてしまう場合があります。40mlではお腹が空いてしまう場合は60ml飲んでください。

 

 

朝食を抜くプチ断食の流れをご紹介いたします。

 

1. 起きてすぐ 優光泉20mlを4~6倍に薄めたものを飲みます。
2. AM10:00頃 優光泉を朝起きてすぐと、昼食前に飲むだけではお腹が空いてしまう場合は、この時間にも20mlを4~6倍に薄めたものを飲んでください。
3. 昼食前 優光泉20mlを4~6倍に薄めたものを飲みます。
4. 昼食時

昼食を食べるときは一口目を必ず30回以上噛んでください。
ちなみに、昼食は体を温めるおそばなどがお勧めです。

5. 夕食 夕食は普通に食べて大丈夫です。

 

 

 

 

優光泉 飲み方 量 ml

 

 

 

次は夕食を抜くプチ断食をご紹介します。

 

夕食を抜くプチ断食

 

夕食1食分を抜く代わりに優光泉40mlを飲むダイエット法です。
※お腹が空いてしまう場合は40mlより多めに飲んでも構いません。

 

 

1. 夕食

夕食の代わりに優光泉20mlを4~6倍に薄めたものを飲みます。
※寝る前にお腹が空いてしまう場合がありますが、そんな場合はもう20ml飲んでも構いません。

2. 次の日の朝食前 優光泉20mlを4~6倍に薄めたものを飲みます。
3. 朝食 朝食を食べるときは一口目を必ず30回以上噛んでください。

 

 

次はカロリー制限ダイエットをやる場合の飲み方をご紹介します。

 

カロリー制限ダイエットをやる場合の飲み方

優光泉 ダイエット

 

食事の量を減らしてお腹が空きそうなタイミングで優光泉を飲んで空腹感を抑えます。

 

1. 朝昼夕食どれでも構いませんので食事の量を減らしてください。
 ↓
2. 優光泉を4~6倍に薄めたものを水筒やペットボトルに入れて持ち歩き、お腹が空きそうになった時に飲むようにしましょう。

 

優光泉の中には九州産60種類の野菜の恵みを丸ごと濃縮した栄養がたっぷり入っていてカロリーはとても低いのですが激しい肉体労働をしながらでも断食が出来てしまうほど栄養が詰まっています。

 

これだけの栄養が詰まった優光泉を飲む事で脳は十分に栄養を摂取したと認識して空腹感がおさまります。

 

 

1日断食をする場合の飲み方

 

1日だけ食事を抜いて優光泉のみで過ごす断食法です。

 

準備期間

 

断食は1日だけですが、3日~1週間の準備期間を用意する事でファスティング(断食)の効果がさらにアップします。

 

出来るだけこの準備期間を用意するようにしましょう。

 

この準備期間にすべき事は、油物や肉などをやめて、なるべく和食を中心に食べるという食生活です。

 

そうする事で、身体の中に蓄積された脂肪を燃やし、身体にとって良くない物質(有害物質や老廃物)を身体の外へ排出(デトックス)するためにビタミンやミネラルを蓄えます。

 

 

断食当日

 

断食当日は1日何も食べませんが、優光泉を4?6倍に薄めたものを1日に6杯以上飲むようにしましょう。

 

チェック
そして、忘れてはいけないのが、塩分の摂取です。

 

梅干し

 

塩分が不足すると頭痛や吐き気をもよおす可能性が高くなります。

 

必ず梅干しや具の入っていないお味噌汁を飲んで塩分を補給してください。

 

塩分以外の栄養については優光泉を飲む事で十分に摂れているので、家庭や仕事場でもいつも通りに過ごして大丈夫です。

 

汗を流すことで排出(デトックス)の効果がさらに高まるので、運動などでいつもより汗を流すのがお勧めです。

 

 

1日以上の断食をした場合は回復食(断食明けの食事)に気をつけましょう。

 

 

断食が終わってすぐに普通の食事に戻してしまうと胃腸を壊したり体調を崩してしまう可能性があります。

 

 

断食の翌朝は優光泉(20ml)だけか、お粥・お味噌汁などお腹に優しいものを少しだけ食べるようにしましょう。

 

 

次の昼食もお粥・お味噌汁のようなお腹に優しい食事を少なめに摂り、お腹が空きそうになったら優光泉を飲んでください。

 

夕食は普通に食べて大丈夫ですが、断食の反動で食べすぎてしまうのはやめましょう。

 

 

優光泉の飲み方について量(ml)やタイミングを詳しくご紹介のまとめ

優光泉 飲み方 量 ml

 

今回は優光泉の飲み方について量(ml)やタイミングを詳しくご紹介いたしました。

 

今回の記事を調べてみてわかったことは・・・

 

 

プチ断食では1食分は、優光泉を40ml飲むのが基本であり、公式サイトの飲み方は40mlではお腹が空いてしまう場合(断食に慣れていない初期)の飲み方である。

 

優光泉の中には九州産60種類の野菜の恵みを丸ごと濃縮した栄養がたっぷり入っているのにカロリーはとても低い。

 

栄養が詰まった優光泉を飲む事で脳は十分に栄養を摂取したと認識して空腹感がおさまる。

 

断食は1日でも、3日~1週間の準備期間を用意する事でファスティング(断食)の効果がさらにアップする。

 

 

・・・ということです。

 

 

優光泉を使い正しい飲み方でダイエットや断食をおこなえば、栄養の心配もなく空腹を我慢しなくてもしっかりと痩せることが出来ます。

 

 

 

こんな記事もご紹介しています。